第一興商=2021年3月期の連結決算は、売上高が前期比36.2%減の933億円、純損益は187億円の赤字(前期は125億円の黒字)に転落した。通期の赤字は1976年の創業以来初。新型コロナウイルス感染拡大を受け、運営するカラオケや飲食店で臨時休業・営業時間の短縮を強いられたことが響いた。 (C)時事通信社