名糖産業=2022年3月期連結決算は増収減益を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「巣ごもり需要」の継続により、主力の菓子部門の売り上げ増加を期待する一方、砂糖や卵といった原材料の高騰が利益を圧迫する。前期に発生した保有株の特別配当収入がなくなることも響く。山崎潔常務は「会社全体で生産効率化を図っていきたい」とコメントした。 (C)時事通信社