百貨店大手のそごう・西武は13日、西武池袋本店、渋谷店の都内2店舗で、14日から営業範囲を拡大すると発表した。大型商業施設には東京都から休業要請が出ているが、顧客の要望を踏まえて「生活必需品」の範囲を見直した結果、呉服や宝飾品、美術品などを除いて販売を再開する。
 従来は食品と化粧品のみの販売だったが、半分程度のフロアが再開することになる。営業時間も、閉館を1時間半繰り下げ、午前10時から午後7時半までとする。 (C)時事通信社