東海大は13日、男子柔道部所属の学生55人が新型コロナウイルスのPCR検査の結果、感染が確認されたと発表した。12日までに判明した3人に加え、13日に52人の陽性が確認された。いずれも無症状。同部は当面の間、活動を停止する。
 東海大男子柔道部は全国有数の名門で、東京五輪100キロ級代表のウルフ・アロン(了徳寺大職)、60キロ級代表の高藤直寿(パーク24)らを輩出した。 (C)時事通信社