【ビジネスワイヤ】材料・機器試験サービスの米EAGラボラトリーズは、ミズーリ州セントルイスに試験施設を新設したと発表した。新施設は医療機器試験サービスを提供するもので、粒子を分離・識別できるように設計したクリーンルーム、医療機器用ポリマーの分析機能などを備える。ISO・10993-18プログラムの生体適合性試験が可能。ISO・9001:2015とISO・17025の認証を取得済みで、米食品医薬品局(FDA)に登録され、DEAライセンスを持つ。(C)時事通信社