丸川珠代五輪担当相は14日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック時における大会関係者の行動管理に、大会組織委員会の職員の協力を求める考えを示した。
 新型コロナウイルス感染予防の実効性を高めることが目的。丸川氏は「選手は自己管理を徹底しており心配ないだろう」との見方があるとした上で、「競技に出ない関係者の行動制限については、厳しく見させていただくことになるのではないかと思う」と述べた。 (C)時事通信社