全国で14日、新たに6267人の新型コロナウイルス感染が確認された。重症者は前日から5人減の1209人で、1週間ぶりに前日を下回った。死者は計81人だった。
 新規感染者は、新たに緊急事態宣言の対象となる北海道が593人で、前日より119人減ったが、過去2番目に多い。岡山県は166人、広島県が210人だった。岐阜県(155人)と熊本県(124人)、大分県(102人)では過去最多を更新した。
 東京都では、新たに854人の感染が分かった。1日当たりの感染者数が1000人を下回るのは2日ぶり。新規感染者の直近1週間平均は926.3人で前週比120.9%。都基準の重症者は前日と同じ84人だった。
 大阪府では576人の感染が判明した。新規感染者が600人を下回るのは4月5日以来。 (C)時事通信社