東京都は14日、新型コロナウイルスの特別措置法に基づき休業を要請している百貨店に対し、例外として販売を認めている生活必需品の範囲を守るよう協力を求めたことを明らかにした。都内では緊急事態宣言が延長期間に入った12日以降、衣料品売り場などを再開する百貨店が相次いだ。このため、都は各社に改めて検討を依頼した。
 要請文は日本百貨店協会に対し12日付で発出。小池百合子知事は14日の定例記者会見で、「高級衣料品は生活必需品に当たらないと国から明確に通知されている」と説明。人出抑制のため、百貨店など大型商業施設の休業要請に理解を求めた。 (C)時事通信社