ホンダが14日発表した2021年3月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前期比4.2%増の6602億円だった。新型コロナウイルス禍による自動車販売の落ち込みで、売上高に当たる売上収益は11.8%減の13兆1705億円にとどまったが、コスト削減を進め増益を確保した。
 純利益は44.3%増の6574億円だった。前期に金融サービス事業の損失引当金を計上した影響があり、高い伸びとなった。 (C)時事通信社