田村憲久厚生労働相は14日、米製薬大手ファイザー社から9月までに、新型コロナウイルスワクチン5000万回(2500万人)分の追加供給を受ける契約を結んだと発表した。
 既に契約した7200万人分を含め、今年中に1億人分近くを確保したことになる。田村厚労相は「かなり多くの国民に供給できる。早急に打てる体制を整備していきたい」と述べた。 (C)時事通信社