菅義偉首相は14日、全国酒類業務用卸連合会の榎本一二会長らと首相官邸で面会し、コロナ禍で飲食店向けの売り上げが落ち込んだ業界への支援について要請を受けた。資金繰りの特例措置が中心で、首相は「検討する」と応じたという。
 榎本氏はこの後、記者団に「昨年は何とかやってきたが、今年もこんな状態ではとても自助努力で過ごせない」と強調した。面会にはサントリーホールディングスの新浪剛史社長が同席した。 (C)時事通信社