外食大手10社の2021年度通期連結業績予想が14日までに出そろった。決算期は異なるが、新型コロナウイルスの感染状況が見通せず、3社が公表見送りを余儀なくされた。残る7社は純損益の黒字確保を見込んだものの、多くがコロナ前の収益水準にはほど遠い。今後は持ち帰りや宅配などを強化し、生活様式の変化に対応できるかが業績回復のカギとなりそうだ。
 外出自粛や営業時間の短縮は客足に大きく影響する。今後、ワクチン接種が順調に進むかも見通しづらく、松屋フーズホールディングス(HD)とロイヤルHD、ワタミはいずれも業績予想を「未定」と発表。ワタミの渡辺美樹会長は記者会見で、経営環境について「本当に厳しい。22年3月まではこの状況が続くと想定している」と、苦しい胸の内を明かした。
 復調を見込む企業でも、その程度には濃淡がある。すかいらーくHDは純損益の赤字脱却を見込むが、黒字幅は4億円にとどまる。モスフードサービスは11億円への増益を予想した一方で、中期経営計画で掲げていた純利益25億円の目標を取り下げた。
 一方、ドライブスルーの持ち帰りや宅配需要をいち早く取り込んだ日本マクドナルドHDは204億円の黒字と好調を維持。ゼンショーHDもテークアウトの強化が奏功し、91億円の黒字と大幅増益を見込む。 (C)時事通信社