【パリ時事】ギリシャは14日、外国人観光客の受け入れを再開した。地元メディアが報じた。原則として全ての国を対象とし、旅行者は、入国時に新型コロナウイルスのワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明の提示を義務付けられる。ギリシャは国内総生産(GDP)の約2割を観光業に依存しており、新型コロナの感染拡大で落ち込んだ経済を回復したい考えだ。 (C)時事通信社