公明党は15日、新型コロナウイルスワクチン接種対策本部の会合をオンラインで開いた。菅義偉首相が高齢者向けの接種を7月末までに完了する目標を打ち出したことを受け、石井啓一幹事長が各都道府県本部のワクチン担当者らに対し、接種を迅速に進めるための課題を調査し、1週間以内に回答するよう指示した。
 出席者からは「医療関係者の確保が最大の課題だ」などの声が続出。開業医の協力を取り付けるなどして人材確保に取り組むよう、地方組織から自治体に働き掛ける方針を確認した。 (C)時事通信社