菅義偉首相は15日、福井県の杉本達治知事と首相公邸で面会した。杉本氏は県内感染者のうち85%が会話や飲食時にマスクを着用していなかったとする県独自の調査結果を説明。首相は「こうしたデータが出てきたのは初めてだ」と関心を示したという。
 調査は今年4月の県内感染者を対象に感染経路を確認したもの。首相は飲食の際も会話時はマスクを着ける「静かなマスク会食」を国民に呼び掛けてきた。調査で正しさが裏付けられた格好で、杉本氏は面会後、記者団に「非常に合点がいったのだろう」と語った。 (C)時事通信社