国内では16日、47都道府県と空港検疫で新たに5262人の新型コロナウイルス感染者が確認された。大阪府では新たに15人の死者が判明して累計で1958人となり、東京の死者の累計(1951人)を超えた。大阪の死者の累計が東京を上回ったのは2月3日以来。感染「第4波」の影響が続いている。
 全国の重症者は前日より8人減って1223人。死者は47人だった。
 東京都では、新たに542人の感染が確認された。1日当たりの新規感染者が600人を下回ったのは6日ぶり。死者はゼロだった。大阪府では620人の感染が判明した。
 都によると、新規感染者の直近1週間平均は806.4人で、前週(798.4人)比1.0%増。都基準の重症者は84人だった。 (C)時事通信社