8月24日の東京パラリンピック開幕まであと100日となった16日、東京都庁で記念式典が開かれ、小池百合子知事は「希望の明かりとなるように、安全安心な大会に向けて準備を進めていく」とあいさつした。新型コロナウイルス流行の収束が依然として見えない中、開催する方針を改めて強調した。
 大会組織委員会の橋本聖子会長、丸川珠代五輪担当相らも出席。橋本会長は開催への決意を改めて述べた上で「どうかアスリートの皆さんを温かく見守り、応援をいただきたい」と呼び掛けた。日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長は「徹底したコロナ対策による安全安心な大会の開催に全力を尽くしていることを、国内外に分かりやすく、繰り返し伝えることが大事だ」と訴えた。
 式典では、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」のモニュメントが除幕され、都のパラ応援大使を務める歌舞伎俳優の市川海老蔵さんによる舞踊も披露された。 (C)時事通信社