共産党の小池晃書記局長は17日の記者会見で、報道各社の世論調査で内閣支持率が下落したことに関し、「原因はまさに新型コロナウイルス、ワクチン、東京五輪(をめぐる政府対応)だ」と指摘した。その上で「菅政権の継続こそ最大の政治空白になる。内閣不信任決議案(の提出)は重要な選択肢になってきたのではないか」と強調した。 (C)時事通信社