菅義偉首相は17日の自民党役員会で、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の対象を追加したことについて、「変異株が広がる中、今が感染を食い止める大事な時期だ。地域の状況に応じた対策を徹底することで各地の感染レベルを抑えていきたい」と述べ、感染の抑制に全力を挙げる方針を示した。
 首相は高齢者向けワクチン接種に関し「全ての自治体をしっかりサポートし、全ての皆さまが一日も早く接種いただけるよう政府を挙げて取り組んでいく」と重ねて強調した。 (C)時事通信社