効率良く遺伝子を改変する「ゲノム編集」の技術を人工多能性幹細胞(iPS細胞)に用い、がん細胞に対する攻撃力を保ったまま拒絶反応を抑える「T細胞」の作製に成功したと、京都大iPS細胞研究所の研究チームが発表した。拒絶反応が起きにくい免疫療法への応用が期待される。論文は18日、英科学誌ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング電子版に掲載される。
 研究チームは、移植先の免疫細胞からの攻撃を回避するため、iPS細胞の遺伝子を複数改変した上でT細胞を作製。さらに、攻撃力を高める遺伝子も導入した。
 マウスを使った実験では、免疫細胞から攻撃されずに、移植後すぐに腫瘍細胞を攻撃する様子が確認された。ゲノム編集をしていないiPS細胞から作ったT細胞と比べ、腫瘍の量は最大で約9分の1に減少したという。 (C)時事通信社