河野太郎規制改革担当相は18日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種に関し都道府県と政令市の意向を調べたところ、30の自治体から「実施の意向の確認があった」と述べた。具体的な内訳は明かさなかったが、菅義偉首相が掲げる1日100万回の接種に向けて「加速化が進むのは間違いないと思う。これから先も増えてほしい」と期待を示した。 (C)時事通信社