菅義偉首相は18日、日本歯科医師会の堀憲郎会長と首相官邸で会い、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、打ち手不足を補うために歯科医師の協力を要請した。堀氏は、全国各地の歯科医師会に対する調査の結果、14県で自治体から歯科医師の派遣について相談を受けたと説明。その上で「全面的に協力する」と応じた。 (C)時事通信社