ソフトバンクは18日、福岡県に発令中の緊急事態宣言が解除されるまで、福岡ペイペイドームでの主催試合を無観客で開催すると発表した。宣言期間の5月中には22、23日にオリックス戦、28~30日に巨人との交流戦が予定されている。ファームの試合も同様に無観客となる。
 新型コロナウイルス感染者が再び増加していることを受けた自主的な措置で、販売済みのチケットは払い戻しに応じる。宣言が延長された場合は無観客を継続する方針。 (C)時事通信社