【香港、台北時事】香港政府は18日、台湾にある香港の公的窓口機関「香港経済貿易文化事務所」について、同日付で業務を停止したと発表した。中国が台湾に対し軍事的圧力を高める中での措置。香港政府は「新型コロナウイルスが理由ではない」とのみ説明し、詳細は公表していない。
 香港と台湾の関係は2019年以降、香港での反政府デモの頻発や国家安全維持法施行をめぐって悪化。香港当局の摘発を逃れ、台湾へ移住する活動家が相次いだ。業務停止は、中国政府の意向を反映したとみられる。 (C)時事通信社