全日本空輸(ANA)は18日、7~9月の国際線について、新型コロナウイルス感染拡大前の2020年度事業計画比で2割運航すると発表した。各国の出入国規制により、依然として低水準での運航が続く。 (C)時事通信社