東京五輪・パラリンピックに参加する選手らに提供される新型コロナウイルスワクチンの接種が6月初めに始まる見込みであることが18日、分かった。日本オリンピック委員会(JOC)が17日に各競技団体と具体的な日程などの調整を始めた。
 ワクチン接種は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施する予定。義務ではなく、五輪代表選手の他に候補選手や選手団に入るスタッフも対象となる。医療現場への負担を避けるため、各団体がチームドクターなどの打ち手を確保する。
 ワクチンは国際オリンピック委員会(IOC)から、米製薬大手ファイザーとドイツの医薬品企業ビオンテック両社が共同開発した製品が無償で提供される。 (C)時事通信社