【台北時事】台湾の新型コロナウイルス対策本部は18日、海外渡航歴のない240人の感染が確認されたと発表した。前日に比べて93人減ったが、4日連続で3桁台となった。感染者2人の死亡も公表された。
 新規感染者の市・県別の内訳は、台北が102人、隣接する新北が106人と、両市に集中している。児童や生徒の感染者が増えているため、教育部(文部科学省)は全土の大学以下の学校について、19~28日までオンライン授業にすると発表した。
 18日時点の感染者数は、累計で2260人、死者は14人。 (C)時事通信社