立憲民主党の枝野幸男代表は18日の党会合で、各地で進む新型コロナウイルスワクチン接種の予約などの手続きに関し、「いろんなところで拙速のあまりと言わざるを得ないトラブルが発生している」と述べ、1日100万回の目標を掲げて接種を急ぐ政府の対応を批判した。
 自衛隊の大規模接種センターが架空情報で予約できることを確認した報道機関に、政府が抗議の意思を示したことにも言及。「システムの欠陥を指摘をしたメディアに対し、『早い段階で気付かせてくれてありがとう』と言うのが本来の姿ではないか。意味不明の対応だ」と酷評した。 (C)時事通信社