自民党の下村博文政調会長や武見敬三国際保健戦略特別委員長らは18日、菅義偉首相と首相官邸で面会し、新型コロナウイルスの国産ワクチン早期実用化に向けた提言を手渡した。研究・開発への財政支援や緊急時の薬事承認の在り方見直しなどが柱。首相は「政府としてもしっかり取り組んでいく」と答えた。 (C)時事通信社