国が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種の予約システムをめぐり、毎日新聞社は18日、取材の過程で架空情報を使って予約したことについて、時事通信社の取材に「確認作業は公益性が高いと判断した」とコメントした。
 毎日新聞社は同日付朝刊で、「架空の市区町村コードや接種券番号の数字を入力したところ、予約作業を進めることができた」と報道。システムのずさんさを指摘した。
 これに対し、岸信夫防衛相は自身のツイッターで「貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない極めて悪質な行為」と批判。同様の手法で取材し、記事を書いた朝日新聞出版もやり玉に挙げ、両社に抗議する考えを示していた。
 毎日新聞社は「『架空の数字を入力しても予約できる』との情報があり、防衛省への取材を進めるとともに、実際に入力した上で記事化した。確認作業は公益性が高いと判断した」と強調。予約はすぐに取り消したと説明している。
 ツイッター上では、安倍晋三前首相も岸防衛相の投稿を引用し、「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯と言える」と投稿した。 (C)時事通信社