【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団(PSMF)は、第一回医療安全特別研究員プログラムに5人を選出したと発表した。1年間の同プログラムは、将来の医療リーダーに教育や継続的な能力開発の機会を提供することが狙い。選出されたのは、ルイス・ラモン・トーレス・トリハ・アルグエジェス、キャロル・ガン、サマル・ハッサン、エリザベス・ナムガヤ・イガガ、エビカパエ・オコエンの各氏。PSMFの指導の下、それぞれの地域に合わせた活動を行う。(C)時事通信社