菅義偉首相は19日の参院本会議で、東京五輪・パラリンピックについて「(新型コロナウイルス)対策を徹底することで国民の命や健康を守り、安全安心の大会を実現することは可能だ」と述べた。共産党の倉林明子氏への答弁。
 倉林氏は、五輪開催と新型コロナ対策の「両立は不可能」として、中止を決断するよう求めた。首相は「国民の命と健康を守ることが最優先だ」と強調。開催に当たり、「選手、大会関係者と一般の国民が交わらないようにするなどの厳格な感染対策を検討する」と説明した。
 立憲民主党の石橋通宏氏は緊急事態宣言の発令などをめぐる政府対応を「失政」と批判し、首相の責任を追及。これに対し首相は「専門家の意見も踏まえ、その時々に必要な対策や対応について適切に判断を行ってきた」と反論。感染封じ込めに全力を挙げる考えを示した。 (C)時事通信社