立憲民主、共産両党は19日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種をめぐり、取材目的で架空情報を使って予約システムにアクセスした朝日新聞出版と毎日新聞社に防衛省が抗議したことに関し、同省の芹沢清官房長から聴取した。
 芹沢氏は抗議の理由について、「(両社の行為は)予約したいと思っている方々の機会を奪い、ワクチンが無駄になる可能性もある」と説明。これに対し、出席者からは「正当な取材行為で、抗議は報道の自由にプレッシャーをかける」などと対応を疑問視する声が相次いだ。
 これに関して、立憲の枝野幸男代表は記者会見で「報道は当然で、見苦しい責任転嫁だ」と指摘。同党の安住淳国対委員長も記者団に、自民党の安倍晋三前首相がツイッターに「極めて悪質な妨害愉快犯」などと投稿したことについても「(架空予約は)不備を証明した。愉快犯という言葉を一国の首相をした人が使うべきではない」と批判した。 (C)時事通信社