【台北時事】台湾政府の新型コロナウイルス対策本部は19日、海外からの渡航者を除く新型コロナの新規感染者が、前日比27人増の267人だったと発表した。感染者数が高止まりしているほか、感染地域も北部から中南部に徐々に広がっているため、対策本部は台湾全土を対象に、感染症警戒レベルを上から2番目の「3」に一つ引き上げた。 (C)時事通信社