自民党の細田博之元幹事長は19日、新型コロナウイルス感染者が急増する沖縄県について、「断固県境を封鎖するつもりでどんどん検査をして(陰性者のみ)通す、そういう政策を取るべきだ」と主張した。「まん延防止等重点措置だろうが緊急事態発令だろうが、そんなものは何の効果もないに等しい」とも語った。玉城デニー知事も出席した同党沖縄振興調査会の役員会で発言した。 (C)時事通信社