日本医師会(日医)の中川俊男会長は19日の定例会見で、新型コロナウイルスワクチンの打ち手として薬剤師を活用する案について、「全面的にノーとは言わないが、各地域でどうしても医師や看護師、歯科医師が確保できない時の選択肢としてあり得るのかなと。地域で柔軟に考えていただきたい」との見解を述べた。
 中川氏は、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本看護協会の各会長とのオンライン会議を同日開き、接種の役割分担について協議したと公表。日医の釜萢敏常任理事によると、薬剤師会は既に接種に向けたオンライン研修を始めているという。 (C)時事通信社