政府は19日、海外で新型コロナウイルスワクチンの接種済み証明書を求める動きがあることを踏まえ、国内で発行する方向で検討に入った。ワクチン接種の実務を担う市町村が、書面形式で証明書を発行することを想定している。証明書の提示を条件に入国を認める国が増えることを想定し、日本人の海外渡航環境を整備する狙いがある。 (C)時事通信社