大相撲の大関朝乃山(27)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=が、日本相撲協会が定めた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインに違反して不要不急の外出をしたと、文春オンラインが19日に報じた。相撲協会関係者によると、本人は聞き取りに対して、当初は報道の内容を否定していたものの、一部を認めた。20日の夏場所12日目から休場する見通し。
 朝乃山は夏場所前、外出が原則禁止されていた期間に接待を伴う飲食店を訪れたと報じられた。 (C)時事通信社