大相撲の大関朝乃山(27)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=が夏場所12日目の20日から休場した。師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)は「外出禁止の時に外出したため謹慎させる」と説明した。
 19日に文春オンラインが、朝乃山は日本相撲協会が定めた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインに違反して不要不急の外出をし、接待を伴う飲食店を訪れていたと報じた。朝乃山は当初、報道を否定していたが、19日の取組後に一転して一部を認めた。
 朝乃山は11日目を終えて7勝4敗だった。休場は昨年の11月場所以来で、通算2度目。12日目の対戦相手、高安は不戦勝。 (C)時事通信社