加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、新型コロナウイルス感染が拡大する沖縄県からの緊急事態宣言発令要請について、「政府として速やかな検討を行っていきたい」と述べ、調整の上、近く判断する意向を示した。
 加藤氏は「沖縄県における感染状況、医療提供体制の逼迫(ひっぱく)状況について共有化しながら、施策の効果を踏まえた認識の調整が行われている」との考えを重ねて示した。 (C)時事通信社