【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク州で19日、飲食店や小売店などに対する入場制限が約1年2カ月ぶりに撤廃された。昨春、米国の新型コロナウイルス感染の中心地となった同州の経済正常化に向けた「非常に大きな節目」(クオモ州知事)だが、規制を続ける店もある。
 同州では州民の42.5%、18歳以上では53%がワクチン接種を完了した。規制緩和が相次ぐ中でも感染者は昨秋の水準にまで減っている。
 入場制限は撤廃されるが、客同士の社会的距離の確保は必要になるため、米メディアによると、ニューヨーク市内では実質定員いっぱいまで客を入れられないレストランも多い。店内には客を入れず、店の入り口で客の対応を行っているニューヨーク市内の食料品店のオーナー、ナンシー・ラマズさんは「まだワクチンを接種していない人も多いから、(店の全面再開には)不安がある。様子を見たい」と話していた。
 接種完了者に対するマスク着用義務も、公共交通機関など一部を除き解除された。ニューヨーク市内を歩く人は依然大半がマスクを使用。着用していなくても、マスクを手に持ち、必要な時にすぐ着けられるようにしている人が目立った。 (C)時事通信社