加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種済み証明書発行に向け、内閣官房に検討チームを設置すると明らかにした。加藤氏は「さまざまな省庁が各国の動向や課題について検討している。内閣官房で全体の調整を行う」と述べた。
 また、米バイオ医薬品企業モデルナと英製薬大手アストラゼネカのワクチン承認に関し「使用できるワクチン量の増加につながり、接種の加速化に資する」と期待を示した。 (C)時事通信社