【ビジネスワイヤ】インドと中東で医療機関や薬局を運営するインドのアスターDMヘルスケアは、世界の看護師の医療への貢献を顕彰するために「アスター・ガーディアンズ世界看護賞」を立ち上げると発表した。同賞は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が続く中で、看護師がケア提供で重要な役割を果たしていることをたたえるもの。応募はウェブサイトを通じて行い、自薦・他薦による応募受け付けを間もなく開始する。独立審査員団が10人の最終候補を選び、最優秀賞受賞者には25万米ドルが贈られ、残りの9人にも賞金が贈られる。(C)時事通信社