東京都の小池百合子知事は20日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を独自に設置する方針を明らかにした。国の調査では、都内の約3分の1の自治体が7月末までに高齢者向け接種が終わらない見通しと回答。都は大規模会場を設けることで接種のスピードを上げる考えだ。
 小池氏は都のモニタリング会議に出席後、記者団に「ワクチン接種を加速させるため、区市町村と連携を取り、大規模な施設の確保を進めていきたい」と表明。「場所や体制などを検討しているところだ」と述べた。 (C)時事通信社