オリックスは20日、ブランドン・ディクソン投手(36)のウエーバー公示の手続きを行ったと発表した。公示期間内に獲得を希望する球団がなければ自由契約となる。家族との来日を強く希望していたが、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、家族のビザ発給が困難な状況だった。
 横田昭作国際渉外部長は「(家族との来日という)彼の意志が強かった。日本でやることは選択肢にはないと思うが、今後は分からない」とコメントした。
 2013年に入団したディクソンは、通算215試合に登板して49勝58敗34セーブを記録。今季、順調にプレーしていれば国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たし、来季から外国人枠の制限を受けずにプレーできる見通しだった。 (C)時事通信社