田村憲久厚生労働相は21日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの打ち手を確保するため、現在勤務していない「潜在看護師」が復職して接種業務に当たる場合、3万円の就職準備金を支給すると発表した。田村氏は「今、看護職に就いていない方々にも、接種にお力添えいただきたい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社