新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、「すぐにでも接種したい」と答えた人の割合が2月の前回調査から増加し、「様子を見てから」との回答を初めて上回ったことが21日、民間調査で分かった。担当者は「ワクチンへの抵抗は全体的に減少傾向にある」と分析している。
 調査は、市場調査会社「クロス・マーケティング」(東京都新宿区)が14日にインターネットで実施。20~69歳の男女1100人から回答を得た。
 その結果、「すぐにでも接種したい」との回答が37.8%(前回24.8%)で、「様子を見てから接種したい」の33.4%(同40.6%)を上回った。この調査は昨年10月に始まり、4回目となる今回で初の逆転となった。
 年代別でみると、「すぐにでも」との回答は男女とも60代が6割以上で最多。一方で、20代は男性が20%、女性が20.9%にとどまり、若年層ほど抵抗が残っている傾向がみられた。
 ワクチン休暇については、有職者の51%が「導入されていない」と回答。このうち、53.8%が「導入してほしい」と答えた。 (C)時事通信社