菅義偉首相は21日午後、首相官邸で東京都の小池百合子知事と会談し、夏の東京五輪・パラリンピック開催に向け、緊密に連携していくことで一致した。高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの早期接種についても、協力の強化を確認した。
 小池氏は会談後、記者団に「コロナ対策を万全にし、安全安心な開催にすべく連携していこうという話になった」と説明。「ワクチンが行き渡れば五輪開催は可能か」と問われ、「私どもは安全安心な大会にすべく、さまざまな工夫、努力を継続してきた。それに変わりはない」と語った。
 感染が拡大する東京には緊急事態宣言が発令されており、小池氏が五輪中止を表明するのではないかとの臆測も出ている。五輪開催に向けて首相との連携をアピールすることで、こうした見方を払拭(ふっしょく)する狙いもあるとみられる。
 一方、首相も「引き続き協力していこう(と確認した)。国民の命と暮らしを守ることが最優先なのは当然だ」と記者団に強調した。 (C)時事通信社