自民党各派閥の事務総長らは21日、党本部で会合を開いた。新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種に関し、菅義偉首相(党総裁)が掲げた「7月末完了」を実現するため全力で支えることを改めて確認した。
 会合では各派の所属議員が地元市区町村などから聴取したワクチン接種に関する要望を集約した。供給スケジュールをより詳細に示してほしいとの声が多かったといい、同席した河野太郎規制改革担当相は改善を約束した。 (C)時事通信社