東京都の小池百合子知事は21日、都が独自に設置する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場について、築地市場跡地(中央区)とすることを明らかにした。今月中に開始する見通し。小池氏は「警視庁や(東京)消防庁といった社会の安全を守る方々に、都として接種を行っていく」と語った。菅義偉首相との面会後、記者団の取材に応じた。
 都内では、市区町村による高齢者接種に加え、24日には防衛省が大規模接種会場を千代田区に開設する。小池氏は都独自の会場に関し「(警察官らを対象にすることで)高齢者との重なりがなく混乱が防げる」と説明。「結果として区市町村の負担軽減にもつながる」と強調した。 (C)時事通信社